〒134-0083
東京都江戸川区中葛西5-34-7
昭産ビル2F

電話マーク

お電話

メニュー

腰痛 イメージ
見出しアイコン

腰痛

身体の使い方が原因とされている
つらい腰痛

デスクワークを行う方や姿勢が悪い方のなかには、腰痛の症状で悩まされているという方も多いのではないでしょうか。
腰痛は普段の姿勢や身体の使い方が原因で起こりやすいといわれており、症状が何年もつづくケースもあります。
日常生活に支障をきたすこともある腰痛ですが、適切な対処を行うことで痛みを軽減し、予防することも可能です。
ここでは、つらい腰痛を改善するために症状の特徴や原因、効果的な対処法について詳しくご紹介していきます。

目次

このようなことに
悩まされていませんか?

  • 長時間座ると腰が痛い
  • 歩いているときに腰が痛むときがある
  • デスクワーク中に腰が痛む
  • 長年続く腰の痛みが解消しない

腰痛はどのようにして起こるのか

腰痛を起こさないためには、腰痛の原因となる日常生活での身体の使い方や、腰痛を引き起こすとされる原因を理解することが重要であるといわれています。
ここでは、腰痛を発症するおもな原因や腰痛による症状についてご紹介していきます。

腰の役割

腰は身体を支える部位で、腰を起点にさまざまな運動が行われます。
腰が身体全体を支えることで姿勢が安定するため、座っている状態や立っている状態でいろいろな動作が行えるのは腰のおかげといっても過言ではありません。

そのため、動作の起点になる腰には負担がかかりやすく、日常生活でのさまざまな原因によって腰痛が引き起こされるといわれています。

腰痛の原因

●足元のトラブル

巻き爪や魚の目、タコなどの足の症状を抱えている方は、痛みによって足をかばうため偏った身体の使い方をしやすいです。
偏った身体の使い方をすると重心が傾き、一方の側に体重がかかるため、骨盤のゆがみや腰痛を引き起こしやすくなります。

足以外にも膝や股関節、肩などの痛みをかばうことで微妙な重心のずれが生じ、疲労の蓄積によって少しずつ腰に負担がかかると考えられています。

●不良姿勢

猫背姿勢の方は、腰痛を発症しやすいといわれています。
猫背は背骨が丸くなるとともに骨盤のゆがみを生じることが多く、腰椎のゆがみによって腰への負担が強まり、腰痛を発症すると考えられます。

デスクワークや長時間の同一姿勢によって、姿勢が悪くなると腰痛のリスクが高めるため注意が必要です。

●誤った身体の使い方

日常生活で誤った身体の使い方をすると、腰への負担が増し腰痛を引き起こす可能性があります。

・脚を組む
・片肘をついて横になる
・脚を崩して座る

上記のようなくせがある方は、身体の一方に負担がかかることで骨盤のゆがみや腰まわりの筋緊張が現れやすいため、普段から身体の使い方に気を付けなくてはいけません。

腰痛の症状

●腰を動かしたときの痛み

腰痛を発症することで腰まわりの筋肉が緊張するため、腰を動かしたときに痛みを生じることが多くなります。

・前かがみが痛い
・身体を後ろに反ると痛い
・身体を捻ると痛い
・脚を挙げると痛い

腰痛を発症したときには腰の動きだけでなく、股関節の動きでも痛みを生じることがあるといわれています。

腰を動かしたときに痛みを感じる場合、急な動きや無理に動かしてしまうと、ぎっくり腰を発症する場合もあるため注意しましょう。

●同じ姿勢でいられない

腰痛を発症したときの痛みの特徴で、同じ姿勢でいると痛みが増すといった例があります。
これは腰の筋肉が硬くなっていることが要因で、同じ姿勢がつづくと痛みを生じ、じっとしていられないといった症状が現れます。

・長く立っていられない
・長く座っていられない
・長く歩いていられない
・長く寝ていられない

上記の例のように、どのような姿勢であっても同じ姿勢がつづくことで痛みを生じるため、常に体勢を変えることで痛みを和らげようとするといわれています。

●起床時の痛み

腰痛を発症すると、夜寝ている間に同じ姿勢がつづくことで筋肉が緊張し、翌朝になって身体を起こせなくなってしまうことがあるといわれています。
痛みにより身体を起こせないため、しばらく寝たままの状態になることや、這うようにして身体を動かす例もあるようです。

また、イスに座っているときにも同様の例があり、長く座っていることで筋肉が緊張し、イスから立ち上がれなくなることがあります。

このように、同じ姿勢がつづくことで筋肉が硬くなってしまい、次の動作に移れないということが腰痛の症状ではみられることが多いです。

腰痛に効果的な対処・予防法とは

腰痛を発症してしまうと、腰の痛みや動作の制限などにより、生活にさまざまな支障をきたすといわれています。
つらい思いをしやすい腰痛は、適切な対処を行うことで症状を軽減することができ、未然に防ぐことも可能だと考えられます。
そこで、ここでは腰痛に効果的とされる対処法や予防法についてご紹介していきます。

腰痛の対処法

●適度な運動

腰痛の症状を改善するためには、適度な運動を行い、筋肉を動かすことが効果的であるといわれています。

筋肉は動かすことで柔軟性が高まり、血行促進といった効果も期待できます。

運動不足の方は、ウォーキングラジオ体操など軽い運動からはじめてみてはいかがでしょうか。

●アイシング(炎症がある場合)

腰痛を発症する際、何かの動作がきっかけで痛みを感じた場合には、患部に炎症がみられる可能性があります。
そのようなケースでは、アイシングをおこなって炎症を抑えなければなりません。

炎症を放置してしまうと炎症が拡大し、痛みの増強や治るまでの期間が長くなることもあります。
そのため、強い痛みや熱っぽさを感じた際には早期にアイシングを行って炎症を抑えましょう。

●ストレッチ

腰痛の症状を軽減するためには、ストレッチで筋肉の緊張を緩和することが効果的であるといわれています。
腰のストレッチは、仰向けに寝た状態で両膝を立て、膝を揃えたまま下半身を左右に倒すストレッチをぜひおこなってみてください。

腰痛を起こしているときはお尻の筋肉が緊張しているケースが多いため、このようなストレッチをおこなって腰やお尻の筋肉をよく伸ばしましょう。
ストレッチは入浴後の身体が温まった状態で行うことをおすすめします。

●身体を温める

慢性的な腰痛は、身体を温めることで症状の軽減につながります。
慢性症状は筋肉が硬く、血行不良を起こしていることが多いため、温める作用によって痛みの緩和や血行促進の効果が期待できます。

入浴時に湯船に浸かったりカイロ腹巻を使ったりする方法がおすすめです。

腰痛の予防法

●身体を冷やさない

冬場の寒い空気や夏場のクーラーの冷気によって身体が冷えると、腰痛や身体の不調などにつながるといわれます。
身体を冷やすと血行不良が起き、筋肉が硬くなり痛みを生じることがあるため、常に身体を冷やさず、温かくすることを心がけましょう。

●正しい姿勢を意識する

腰痛の予防には、日頃から正しい姿勢を意識して生活することが大切です。

正しい姿勢とは、両足に均等に体重がかかり、腰を反らさず軽く胸を張り、あごを少し引いた状態だといわれています。
おへそのあたりに重心が乗るように心がけて、腰を反らさないようにしながら背筋を伸ばしましょう。

座るときや歩くときも同じような意識で姿勢を保ち、常に正しい姿勢をつづけてみてください。
姿勢は意識しないとなかなか改善できないため、鏡に映る自身の姿をこまめにチェックするといったように、日常的に姿勢を気にすることをおすすめします。

●正しい身体の使い方

腰痛を防ぐには、偏った身体の使い方をしないことが重要といわれています。
身体の片側に負担がかかる姿勢はとらないように意識し、できるだけ左右の筋肉を均等に使うことを心がけましょう。

筋力トレーニングやストレッチを行う際も、痛みがある側だけでなく、かならず左右均等におこなうことが大切です。
筋力の左右差はやがて身体のズレを生じ、腰痛やそのほかの身体の痛みを発症する原因になるといわれています。

アール整骨院・整体院の
「腰痛」へのアプローチ方法

腰痛の施術では、腰を中心に筋肉・背骨を指圧・ストレッチすることで柔軟性を高めていきます。
腰周辺の筋肉・背骨の柔軟性を出すことで、血流が改善され自覚症状緩和が期待できます。

また、鍼灸なども併用することで効果的に症状を緩和していきます。

腰痛は腰周辺の施術だけでなく、身体の土台を整えることも重要です。
そのため当院では、骨盤矯正、関節矯正、インソール作成をおこないます。
巻き爪・魚の目・タコがある場合は除去を行い、身体全体のバランスを整えて腰にかかるストレスを軽減します。

さらに、日常生活での身体の使い方、姿勢の作り方、重心の置き方をアドバイスして、症状改善・再発防止を目指します。

慢性腰痛は、さまざまな原因と症状が考えられます。
緊張している筋肉を緩めることはもちろん効果的ですが、痛みが出る本当の原因を見つけ出すことが重要です。
そのため当院では、二次災害、三次災害も見ていきます。

著者 Writer

著者画像
石井 直人
所有資格:柔道整復師・はり師・きゅう師・マッサージ師
生年月日:昭和38年12月25日
血液型:O型
出身:静岡県
趣味:空手、格闘技、スノーボード
得意な施術:指圧、フットケア
ご来院されるお客さまへ一言:どんな症状でも改善が見込めます。あきらめないで!

COLUMN

顎関節症を改善された患者様の声 画像

顎関節症を改善された患者様の声

腰痛を改善された患者様の声 画像

腰痛を改善された患者様の声

足の痛みを改善された患者様の声 画像

足の痛みを改善された患者様の声

慢性的な腰痛、肩痛、首痛を改善された患者様の声 画像

慢性的な腰痛、肩痛、首痛を改善された患者様の声

脊柱管狭窄症を改善された患者様の声 画像

脊柱管狭窄症を改善された患者様の声

肩こり、頭痛を改善された患者様の声 画像

肩こり、頭痛を改善された患者様の声

腰痛を改善された患者様の声 画像

腰痛を改善された患者様の声

腰痛を改善された患者様の声 画像

腰痛を改善された患者様の声

局所施術アイコン

局所施術

局所施術は「指圧」「鍼灸」「テーピング」を用いて、その方にとって最適な施術をご提供いたします。
患者様の身体の悩みを早期解消させることを目指します。

全身調整アイコン

全身調整

全身調整は「バランス整体」「ポールストレッチ」「フットケア」などの施術を組み合わせ身体の土台である足元から身体全体を整える施術です。
身体全体を整えることで、肩こりや腰痛などの根本的な改善につながります。

コースメニューアイコン

コース
メニュー

オーダーメイドのプランを提案します。
症状や患者様が描く、なりたい将来像を実現させるためにコース(施術内容、通院頻度、通院期間)を決定します。
➀スタンダードコースか
➁プレミアムコースのいずれかを決め、相談の上支払いプランを決定します。

交通事故施術アイコン

交通事故
施術

交通事故のむち打ち等は、最初はあまり症状が出ず数日後から数週間後に自覚症状が出ることが多いので注意が必要です。
交通事故は一日でも早い施術が最優先です。「自賠責保険」で、実質負担額ゼロで施術が受けられます。

手技療法アイコン

手技療法

「指圧整体」という古くから日本に伝承される技術を中心に行います。
通常のマッサージより深い部分にまでアプローチして痛みや筋肉・関節の固さをとっていきます。
当院のメイン施術になります。

骨盤矯正・関節矯正アイコン

骨盤矯正
・関節矯正

身体の土台(足・膝・股関節)、背骨の土台(骨盤)のかみ合わせを整えます。
関節、背骨の動きを改善することにより痛みを出している部位への負担を減らします。
正しい身体の使い方や正しい姿勢を作りやすくします。

鍼灸アイコン

鍼灸

手技ではとどかない深い部分へのアプローチができます。
ぎっくり腰や寝違い等の急性症状に効果的です。
自律神経の調整や冷え性などの血流改善にも効果があります。
美顔、花粉症にもはりがおすすめです。

ポールストレッチアイコン

ポールストレッチ

スポーツ選手のコンディショニングにも行われています。
「伸ばす」ではなく『ゆるめる』ストレッチです。
身体の軸と重心が安定するのでスポーツや仕事のパフォーマンスが上がります。

テーピング療法アイコン

テーピング療法

関節(じん帯)の保護・固定、筋肉のサポート、リンパ・血流改善等テーピングには様々な効果があります。
オリンピック選手のトレーナーをしていた経験から各症状に一番適したテーピングを施します。

フットケアアイコン

フットケア

巻き爪矯正、角質・タコ・魚の目除去、インソール作成を行なっています。
身体の土台・足を整えます。
爪の切り方、靴下・靴の選び方、靴の履き方もアドバイスします。

超音波療法アイコン

超音波療法

手技ではとどかない深い部分へのアプローチができます。
ぎっくり腰や寝違い等の急性症状に効果的です。
自律神経の調整や冷え性などの血流改善にも効果があります。 美顔、花粉症にもはりがおすすめです。

ABOUT US

アール整骨院

住所

〒134-0083
東京都江戸川区中葛西5-34-7
昭産ビル2F

最寄駅

東京メトロ東西線 葛西駅 西口徒歩1分

駐車場

なし
※近くにコインパーキングあり

9:00 〜20:00 -
9:00 〜18:00 - - - - -
【完全予約制】ご予約はお電話で!

03-5675-2339

BACK TO TOP

電話アイコン

電話

アクセスアイコン

アクセス

メニュー